Home > スポンサー広告 > 読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/120-5dae1c23
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バニデザノート

Home > スポンサー広告 > 読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。

Home > ウェブ > 読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。

読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。

  • vanillate
  • 2014-11-20 Thu 01:10:39
  • ウェブ
wb_2014-11-20.png

わたしがはじめてこういうtech系?のブログをやろう!って思った時期
世の中はアルファブロガーさんっていうのがもてはやされている時でした。
今はみんなみんながブロガーな風潮ですね。人気ブロガーになるためのセミナーがあって、
ハンコを押したみたいな広め方が広まってもいますね。

ちょっと話がそれました。今回は読まれているとか、人気ブログっていわれている人たちが
だいたいやっていたことで、いいなーって思って最初の頃に参考にして、今も気に留めているポイントを書いてみます。

自分自身の目線で、背伸びはしない。真似しない。ウケ狙いも×。

たとえば、新しいiphoneが発売されたからってレビューを書いたって、もともとそういう記事ばかり書いている人には勝てないんです。いまからブログを書こう、みんなに見てもらいたい、って思っているならなおさらです。
マクロすぎるキーワードは負けます。
それよりも、自分自身がどう思ったか。
いま、何を考えて、どういう風に感じているのか、そういうもののほうが受けたりします。

・・ウケ狙いじゃない?(そんな声が聞こえてきそうです。)

いや、わたしも、ウケ狙いで書いてすごいはてブ貰ったとか一回も無いんですよね。
ウケ狙いで書くと、なんかどっかで漏れてるんでしょうね。そういう気持ちが。
ふわっと書いたものが、響いたりする。
そういう何気ない内容が大事なんだとおもいます。

これからいろいろと説明しますが、「書きたい」って思う内容が大事です。

その前提の上で、「どうやって伝えるか」「どうやって読んでもらうか」を考えていきます。


見やすく、わかった気になる「流れ」。
・見やすい、読みやすい
・最後に結論がある(途中を飛ばしてもわかった気になれる)
・適度に図やイメージが挿入されている(挿絵的に)
・リズムがある
・参照URL、ダウンロードなどのリンクの位置がルール化されていて、すぐにわかる
・タイトルが簡潔で自然であり、SEO対策にもなるキーワードが入っている

・・こういうブログは読まれやすいです。
「読みやすい」っていうのは、文章だけでなくて、デザインも影響しているように思います。

ブログの書き手からすれば、本当はきちんと読んでほしい、
考えてほしいって思うのだけど
そこにはウェブっていう状況があって。
今はだいぶパソコンが普及して、みなさん慣れているので
あまり感じない方もいるかもですが
パソコンで永遠に長く続く文字を追うのってやっぱり酔うんですよね。

読んでいるひとは、ウェブページを流し読みして、
自分に必要な部分だけ読むようなスタイルが多いみたいなので、
見出しを工夫したり、文字のサイズを調節したりすることで、「流し読み」の中で目が止まるようにするのが大事です。

すっごくライトな論文形式がいいのかも

「論文形式」というと、大学のレポートを思い出してうわーってなる人もいるかもしれないですが、ライトな論文形式はやっぱり読みやすいみたいです。

ブログでのライトな論文形式は、

1:題名(ブログタイトル)
2:要約(一覧などにも表示される部分。結論を書くのもOK。)
3:序論(記事ページに飛んだときの最初の文章。
    何を前提にしているか。これから何を書くのか)
4:本論(実際の事例や、方法、作業内容など。いままさにこの文章の部分。)
5:結論(まとめ)
6:参照(参考URLや、DLリンクなど)

だと思っています。wikipediaの「論文>体裁」を見ながら比較しましたが、「準備」はほとんど飛ばしてるな―っておもいました。書いても1文くらい。

文章量は論文よりずっと少なくて、言葉も軽くても大丈夫だとおもいます。
海外の英語系有名ブログなどでも、この形式が多い気がします。
ウェブと論文って相性がいいのかもしれません。

ブログのデザインに最低限必要なあしらい。
1: タイトルエリア
2: 文章内の見出し(最低2つぐらい)
3: リスト
4: 強調したいエリア(box要素)
5: 強調したい箇所(inline要素)
6: 挿入画像のあしらい。(枠いっぱい、右、左、中央)
7: リンク
8: 太字
9: 記事文章内のフォントサイズと、文字の高さ
10: コードハイライト(コードを貼る場合)
11: 引用(blockquoteタグ)

ソーシャルボタンを貼るとかも大事ですが
内容が大事なので、文章を適度に装飾し、それがブログを書くときに無理ない範囲に抑えることで、いつも利用するのでブログ全体にリズムが生まれ、どんどん読みやすくなっていきます。

デザインを整えておくことで、書くことにも集中できますし、
読む人には読みやすい環境を作れるので、上の11点ぐらいは用意しておいたほうがいいです。

*リスト(ol,ul)のデザインや、preタグのデザインや、その他独自の枠はお好みで。
 いっぱい増やしても、結局使うものは決まってくるとおもいます。


長く続けるためには、「続けなくちゃ」と気負わないこと。
書けないときは書かない。書けるときに、書きたいときに書けるようにカテゴリを絞りすぎないことも大事かもしれません。

内容・文章構成があって、それをさらに読みやすくするためにデザインがあって。
その先にソーシャルな環境へ流したり、告知したりというのがあるのだとおもいます。
(形が決まらないうちは、モチベーション的にデザインを変えるというのも有りだと思います。)

いろいろ書きましたが、書きやすいのが一番かもなので、
自分のスタイルを見つけてくださいね―。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/120-5dae1c23
Listed below are links to weblogs that reference
読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。 from バニデザノート

Home > ウェブ > 読んでもらえる、ファンになってもらえる、ブログの書き方とデザイン。

Sponsored Link
▲WordPress初心者向けに、ばにが書きおろしたオンライン授業です。上記バナーから受講いただくと、33%OFF!
ホームページ・ウェブサイトデザイン・制作ならバニレートデザイン事務所まで。Wordpress(ワードプレス)、カラーミーショップのカスタマイズから、レスポンシブ、Retina対応、スマホ用サイトもできます♪デザインカンプのみの納品や、バナーのみの納品などでも受付いたします!お気軽にご相談くださいませ。
Books - 寄稿させていただいた本たち
WordPressデザイン 仕事のネタ帳 見た目と効果を向上させるプロのテクニック
WordPressを利用して、趣味〜お仕事が可能なレベルの実践的な内容になっています。 ブログ風、Pinterest風、CMSとしてWordPressを利用する方法の3つをメインに、さらにこれらを拡張していきやすいような考え方や、きっかけを掴んでいただければという想いで書かせていただきました。担当Chapter:9chapter (メイン3、サブ6。110ページ前後ぐらい。)
【Amazon.co.jp限定】神速Photoshop [Webデザイン編] CC対応 特製PSショートカットステッカー for Mac 付
Photoshopの作業をすばやく行って、デザイン自身に集中できるように。基本動作であっても、考え方としてどのように持っていくか、ということをテーマに書かせていただきました。(担当:本編の全体89のテクニックのうち、23ぐらいのテクニックと、特典PDFの中にもいくつか。)
レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法
「レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法」にてCase Studyの1つを寄稿させていただきました!
Popular Posts
Recent Entry
Category
about:vanillate
vanillate

author: vanillate(バニレート)

フリーランスのウェブクリエイター。
wordpressやカラーミーショップのデザインなど、シンプルで可愛いサイトを作っています。






Link
Recommend
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、 独自ドメイン【無制限】、データベース【50 個まで】を追加費用無料で設定できます。 しかも、サーバー容量は余裕の 42.195GB! 1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。
★【カラーミーショップ】なら本当に安心!★
かわいいテンプレートが続々登場するから、初心者のあなたにも安心!
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップなど、こんなに揃って月額875円~!
有名ショップ様にも多数ご利用をいただいているから、どんどん参考にしちゃおう!
Design Items
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。