Home > スポンサー広告 > 私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/121-c790b5d3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バニデザノート

Home > スポンサー広告 > 私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。

Home > ユーティリティ > 私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。

私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。

2014-11-24_3.png

デスク仕事の際の椅子ってすごく大事なんですけど、いいものを買っても、たくさん持っていても、座り方がよくないと宝の持ち腐れなんです。私なりの座り方の研究してたので、そのことを書いてみます。

デスクチェアとバランスチェアの2台持ちに落ち着いてます

椅子のこと、ずっと悩んでいたんですが、デスクチェアのジロフレックス33(現在廃盤)と、バランスチェアのフィントスツールの2台持ちに落ち着きました。
昔はアーロンチェアにも座ったことがありますが、私の身長が低いので、大きな外国人さんのような身長でないと合わないんだなぁって感じて。座高を低くできるもの、身長に合わせて使えるものを選ぶようになりました。

デスクチェア(普通の椅子)の場合
・常に上に引っ張られているようなイメージを持つ
・自分の身長や体系に合った椅子を使う
・お腹から背中へ向けて、力を入れておく
 (↑これしないと、お腹がすぐに出てきます。)
・あぐら、足組みはぜったい禁止
 (姿勢が悪くなる→全身への負担が大きいという悪循環・・)
・腰と太ももに体重が乗ってくるので、負担がかかりやすい。
・身体を前後することで休憩したり、集中したりできるので良いとされているスタイル。

左の図は、よく見る「正しい椅子の座り方」なんですが、この状態で静止していることなんてほとんど無いんですよね。だから、これは、「椅子の選び方」なのかなーという結論に至りました。
海外ブランド系の椅子であるような、座った時、深すぎるのは長時間座っていられません。ソファーのように深く沈みすぎるものも、楽なようで長時間ではつらい。

で、作業中にする姿勢のなかで一番いいな、と思ったのは、少し前に乗り出すスタイル。
姿勢を保ちながら、足への負担を軽くするもの。特にむくみやすい太ももにはクッションなどを入れてすこし斜めにするのが理想。
背中を背もたれにぴったりくっつけるのではなくて、休憩するときだけもたれるようにするとよりよいです。

バランスチェア系の場合
・頭〜肩から下へ体重をかけるようなイメージで座る
 (膝へ体重をかけようとすると、膝が痛くなります)
・ちょっと姿勢を崩しても、胸が開きやすいので、呼吸が楽
・膝と腰の2点で体重を分散するので、腰への負担が少ない
・デスクチェアで慣れていて、姿勢が悪い人は背中がぴんとなるために長時間はつらいかも
・膝置きの範囲で開いたり閉じたりは全然OK
・膝置きに足の裏を置くような姿勢だとすごく姿勢が悪くなるのでダメ。
・常にウエストに対して力が入るので、姿勢からくるぽっこりお腹から開放される

よくクリエイターさんのお部屋紹介みたいなので見るスタイルですが、デスクチェアと、バランスチェアの2台持ちがいいのかなとおもいます。体調などに合わせて座り変えるような形。さらに、ピアノチェア系の硬い椅子の3台持ちのひとも時々みかけます。

固定型バランスチェアの弱点として、回転ができないので、ディスプレイ2〜3台持ちのひとは姿勢によって椅子の位置を変えないといけないのが面倒かもしれません。
私はすぐに肩が丸まって呼吸を意識しわすれるのと、お腹がぽっこりしてくるのが嫌なので、バランスチェアのほうが座っている時間が長いです。



動くのが面倒とか、位置を変えるのが面倒とか。
身体がむくむのがつらいとか、「動けよ!」って自分でも思ったりもするんですが。
集中していて身体を預けている間のことだと思って下さい。
運動したり、こまめに立ってストレッチしたほうがいいに決まっているんで。

椅子のことを考えているとき、だんだん思ってくるのが「座っててつらいとかあと寝るしかないんじゃ。。」ってこと。自分の身体が重いとか、動かすのが辛いとかになってくると、生きてるってこと自身が辛いよねっていうとこまでいっちゃいます。レビューとか見てると、「この人達、呼吸も面倒とか言い出しそうだな・・」とかね。

ずっと同じ姿勢でいるのはつらいもの。
でも、もし少しだけ楽になれるとしたら。それくらいの感覚なのかな、って思います。
生きている限り、他にも負荷はたくさんあるし、椅子を変えたから人生が変わるってわけでもないです。
座っているのも辛くなったら、休んだり、マッサージに行ったりしてくださいね。

すこしだけ、素敵な仕事環境になるくらいの参考にどうぞ。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/121-c790b5d3
Listed below are links to weblogs that reference
私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。 from バニデザノート

Home > ユーティリティ > 私なりのPC作業中の椅子の座り方を考えてみた。

Sponsored Link
▲WordPress初心者向けに、ばにが書きおろしたオンライン授業です。上記バナーから受講いただくと、33%OFF!
ホームページ・ウェブサイトデザイン・制作ならバニレートデザイン事務所まで。Wordpress(ワードプレス)、カラーミーショップのカスタマイズから、レスポンシブ、Retina対応、スマホ用サイトもできます♪デザインカンプのみの納品や、バナーのみの納品などでも受付いたします!お気軽にご相談くださいませ。
Books - 寄稿させていただいた本たち
WordPressデザイン 仕事のネタ帳 見た目と効果を向上させるプロのテクニック
WordPressを利用して、趣味〜お仕事が可能なレベルの実践的な内容になっています。 ブログ風、Pinterest風、CMSとしてWordPressを利用する方法の3つをメインに、さらにこれらを拡張していきやすいような考え方や、きっかけを掴んでいただければという想いで書かせていただきました。担当Chapter:9chapter (メイン3、サブ6。110ページ前後ぐらい。)
【Amazon.co.jp限定】神速Photoshop [Webデザイン編] CC対応 特製PSショートカットステッカー for Mac 付
Photoshopの作業をすばやく行って、デザイン自身に集中できるように。基本動作であっても、考え方としてどのように持っていくか、ということをテーマに書かせていただきました。(担当:本編の全体89のテクニックのうち、23ぐらいのテクニックと、特典PDFの中にもいくつか。)
レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法
「レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法」にてCase Studyの1つを寄稿させていただきました!
Popular Posts
Recent Entry
Category
about:vanillate
vanillate

author: vanillate(バニレート)

フリーランスのウェブクリエイター。
wordpressやカラーミーショップのデザインなど、シンプルで可愛いサイトを作っています。






Link
Recommend
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、 独自ドメイン【無制限】、データベース【50 個まで】を追加費用無料で設定できます。 しかも、サーバー容量は余裕の 42.195GB! 1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。
★【カラーミーショップ】なら本当に安心!★
かわいいテンプレートが続々登場するから、初心者のあなたにも安心!
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップなど、こんなに揃って月額875円~!
有名ショップ様にも多数ご利用をいただいているから、どんどん参考にしちゃおう!
Design Items
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。