Home > スポンサー広告 > フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/152-4f6c51ed
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バニデザノート

Home > スポンサー広告 > フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊

Home > フォント > フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊

フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊

IMG_8426.jpg

デザインを扱うときに、必要なフォントの知識をどこから入れたらいいかわからない、フリーのフォントはたくさんあるけど、基本がよくわかっていない、っていう人におすすめの本を3冊紹介します。

フォントってなんだろう?

ウェブデザイン上でフォントを使うとき。
バナーや、文章のタイトルや、広告のような大きな場所や、さりげない位置での存在感を出すときなどに使われると思います。
ウェブデザインが複合技術であると思うひとつに、
フォントというものがまず「既にデザインされている」ことにあるとおもいます。
(他に、写真や、イラストなどの素材もデザインされているものを使うことが多いですね。)
デザインされているものをさらに再構築するのがウェブデザインだとしたら
そのデザインの意図や、役割や、歴史を知ることが必要になってくるように思うのです。

「きれいな欧文書体とデザイン」甲谷一著

きれいな欧文書体とデザイン 名作書体の特色とロゴづくり
きれいな欧文書体とデザイン 名作書体の特色とロゴづくり

この本では、名作書体の紹介と、歴史、それを踏まえたアレンジ方法がまとめられています。
セリフ体と、サンセリフ体の違いから
スクリプト系の書体まで、性質や印象の違いがわかりやすい。
読み進めると、なんとなく気にもかけなかったMac内の標準フォントが、とても歴史のある名作の書体であることに気付かされます。

欧文書体のみの解説となりますが、
スタンダードな文字組みやロゴデザインへの理解が深まるはず。

デザインの歴史は、活版印刷が始まった頃からなので他の世界に比べれば浅いかもしれませんが、先人たちが積み上げてくれた知識に触れること、それを使って再構築できることはすごくありがたいことだなぁとおもいます。
フォントの歴史も、すこし違った道に同じだけあります。
ただ流行っているから、自分の好みだから、使いやすいからといったこだわりから飛び出して、より幅広い表現ができるようになっていきたいですね。


「たのしいロゴづくり -文字の形からの着想と展開」

たのしいロゴづくり -文字の形からの着想と展開
たのしいロゴづくり -文字の形からの着想と展開

こちらは日本語フォントにも触れていますが、ほぼ欧文フォントが基本になっています。
a-xまでのすべてのフォントのなかから代表されるフォントでクセを比較したり
文字を「カタチ」として捉える、頭の体操になります。
文字を文字として見ずに、「デザイン」として捉える目がロゴづくりには必要だってことが言いたかったのかなーなんて思いました。

文字の選び方、印象、スタンダードなアレンジの仕方が丁寧に掲載されており
ぼーっと眺めているだけでもたのしいおしゃれな文面で、フォントデザイン力をアゲてください。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

おまけでご紹介。ヴィトンや、Diorや、シャネルなど、ブランドロゴにどんなフォントが使われているかが書かれている本。
これがまた、ほとんどMacの標準フォントで表現できてしまうっていうことにびっくりしてください。


ブログを書いている途中でamazonリンクを探しに行ったら
すでにマーケットプレイスのみの扱いになっている本ばかりになってしまっていました。
名作だとおもうんですけどねー。

本屋さんでフォントの本は、ウェブデザイン周りの技術本の棚には置いてません。
デザイン関連の棚に置いてあります。
デザインの歴史、フォントの歴史、人間の目で見える色の科学など
ウェブデザインを学ぶには、パソコン技術以外のデザインやひとの本質的なところに切り込む必要もあるということです。

ご参考にどうぞ。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://vanidesign.blog.fc2.com/tb.php/152-4f6c51ed
Listed below are links to weblogs that reference
フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊 from バニデザノート

Home > フォント > フォントのデザインを知りたいときに、わかりやすい本3冊

Sponsored Link
▲WordPress初心者向けに、ばにが書きおろしたオンライン授業です。上記バナーから受講いただくと、33%OFF!
ホームページ・ウェブサイトデザイン・制作ならバニレートデザイン事務所まで。Wordpress(ワードプレス)、カラーミーショップのカスタマイズから、レスポンシブ、Retina対応、スマホ用サイトもできます♪デザインカンプのみの納品や、バナーのみの納品などでも受付いたします!お気軽にご相談くださいませ。
Books - 寄稿させていただいた本たち
WordPressデザイン 仕事のネタ帳 見た目と効果を向上させるプロのテクニック
WordPressを利用して、趣味〜お仕事が可能なレベルの実践的な内容になっています。 ブログ風、Pinterest風、CMSとしてWordPressを利用する方法の3つをメインに、さらにこれらを拡張していきやすいような考え方や、きっかけを掴んでいただければという想いで書かせていただきました。担当Chapter:9chapter (メイン3、サブ6。110ページ前後ぐらい。)
【Amazon.co.jp限定】神速Photoshop [Webデザイン編] CC対応 特製PSショートカットステッカー for Mac 付
Photoshopの作業をすばやく行って、デザイン自身に集中できるように。基本動作であっても、考え方としてどのように持っていくか、ということをテーマに書かせていただきました。(担当:本編の全体89のテクニックのうち、23ぐらいのテクニックと、特典PDFの中にもいくつか。)
レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法
「レスポンシブWebデザインテクニックブック プロが教えるマルチデバイス対応の手法」にてCase Studyの1つを寄稿させていただきました!
Popular Posts
Recent Entry
Category
about:vanillate
vanillate

author: vanillate(バニレート)

フリーランスのウェブクリエイター。
wordpressやカラーミーショップのデザインなど、シンプルで可愛いサイトを作っています。






Link
Recommend
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、 独自ドメイン【無制限】、データベース【50 個まで】を追加費用無料で設定できます。 しかも、サーバー容量は余裕の 42.195GB! 1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。
★【カラーミーショップ】なら本当に安心!★
かわいいテンプレートが続々登場するから、初心者のあなたにも安心!
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップなど、こんなに揃って月額875円~!
有名ショップ様にも多数ご利用をいただいているから、どんどん参考にしちゃおう!
Design Items
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。